基礎知識

【回答】プロポリスは何から出来ている?効果や食べ方は?【プロポリスとは】

プロポリスとは
プロポリスは何から出来ているのか知りたい人向け。

「プロポリスを買おうと思うけど、プロポリスについて詳しく知りたい。そもそも何から出来ているのかな。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、NZ在住のプロポリス男子です。

当サイトではブログを書きつつ、プロポリスの最新情報をお伝えしています。

「プロポリス」という言葉を聞いたことがありますか?ミツバチの巣の中をよくみると、巣の入口に所々に黒っぽもの。それが蜂の巣を敵の侵入から防ぐ砦のように見えることから、Pro(前面)+Police(都市)を意味しています。

では、この黒い物質であるプロポリスは何から出来ているのでしょうか。

このコラムでは、「プロポリスは何から出来ているか」や「なぜ人気になっているか」が分かります。

そこで、今回は「プロポリスは何から出来ている?なぜ人気なの?【プロポリスとは】」をご紹介します。

プロポリスは何から出来ている?なぜ人気なの?【プロポリスとは】

蜂の体液と樹脂を混ぜたもの。

  • プロポリスとは
  • プロポリスの効果
  • プロポリスの食べ方や使い方

プロポリスとは

プロポリスは、働きバチが樹木の樹脂を集め、唾液などを混ぜて団子状にして持ち帰ったもの

樹木の樹脂には自らを修復や抗菌力などがあるため、様々な効果を発揮します。

例えば、これらのプロポリスはミツバチが巣の隙間を埋めるときに使う漆喰のような物質ですが、時には巣に入った異物にプロポリスを吹き付け、コーティングをすることによって腐らないようにする防腐効果もあります。

その防腐効果に注目したのが、古代エジプト人です。エジプトのミイラを作るときの保存剤として、さらに皮膚病の薬としても利用していたことが分かっています。

ただし、プロポリスはミツバチの生息地域によって樹液を取る樹木の種類が異なるため、産地によってプロポリスの成分も微妙に異なってきます。現在、ブラジルをはじめ、イタリア、オーストラリア、ニュージーランドなどの世界各国で採集されています。

例えば、ブラジル産では「グリーンプロポリス」やニュージーランド産では「CAPE(カフェイン酸フェネチルエステル)」で有名です。

特にニュージーランド産は、他国に比べてフラボノイドやCAPE(カフェイン酸フェネチルエステル)の含有量が非常に多いのが特長などです。

どの樹木の樹液がどのような効果を及ぼしているのか、そして、どの成分が影響しているのかの研究も現在も進められています。

そのプロポリスには、様々な効果がある成分が豊富に含まれているため、「天然の抗生物質」とも呼ばれています。

これらの効果を調べていくうちに、プロポリスにはその他にも様々な効果があることが分かりました。

プロポリスの効果

プロポリスは健康食品として知られており、抗菌・抗ウイルス・抗炎症などの作用を期待した病気の予防目的などに使用されています。

ただ、最大の特徴は「抗酸化作用」があること

抗酸化作用とは、身体のサビである活性酸素を抑えること。

活性酸素はシワやシミなど老化にとどまらず、心臓や脳などの病気を引き起こす原因の9割にも及ぶと言われています。それだけ、活性酸素を抑えることが重要なのです。

では、どうやって活性酸素ができるかというと、呼吸で取り込まれた酸素が全身の細胞へと運ばれていき、ほとんどの酸素はエネルギーを生成する際に使われます。

日常生活の呼吸の中でごく一部の酸素が不安定になって活性酸素が発生します。そのため、活性酸素の発生を意図的に抑えることは難しく、発生した活性酸素が悪さをしないようにさせるのが重要です。

つまり、プロポリスの効果は「予防効果」にあるといってもいいくらいです。

そのため、何かあってからでは遅いので日常的にプロポリスを摂取する習慣をつけることがおすすめです。

では、どのようにプロポリスを食べたり、使ったりすればいいのでしょうか?

プロポリスの食べ方や使い方

プロポリスといっても、形状によって目的や食べ方・使い方が違っています。

  • サプリメント
  • 原液(液状)
  • スプレー
  • のど飴・キャンディー

サプリメント

プロポリスといえば、サプリメントとして摂取されるのが一般的。サプリメントのメーカーやブランドによって摂取する量やタイミングが違うので、指示に従いましょう。

サプリもたくさん食べばいいというわけではなく、継続することが大切。一度にたくさん食べるよりも少量でいいので、食べ続けられる価格のプロポリスを選びましょう。

>>>【NZ在住者厳選】プロポリスのど飴おすすめランキング

原液(液状)

プロポリスのクセがある味が大丈夫であれば、原液(液状)タイプがおすすめ。のどに直接塗布できるので濃厚なプロポリスの風味が口のなかに残ります。

原液をそのまま喉にドロップすることもできますが、水などに垂らして「プロポリス水」として飲むのもおすすめです。味や臭いが苦手な方は、ヨーグルトなどにかけると食べやすくなります。

>>>【NZ在住者厳選】プロポリス原液リキッドおすすめランキング

スプレー

喉がいたいときにはスプレーが便利です。携帯することができるので、外出先で喉がいたいときに数回スプレーするだけなので簡単です。

声優さんやツアーガイドさんなどの声を使う仕事をしている人は予防目的で使っていることが多いですね。

>>>【NZ在住者厳選】プロポリススプレーおすすめランキング

のど飴・キャンディー

プロポリス入りののど飴が人気です。特に、最近は同じ抗菌作用のあるマヌカハニーが配合されたプロポリスのど飴が注目されています。

のど飴といっても抗菌作用があるものと、喉をうるおすだけのものもあるので、よく確認して選びましょう。日常的には「のど飴」、喉がいたいときには「原液(液状)」の使いわけがおすすめです。

>>>【NZ在住者厳選】プロポリスのど飴おすすめランキング

プロポリスの効果は酸化を抑える予防効果!

プロポリスを摂取していて効果がないから止めてしまった、という意見や口コミがショッピングサイトなど見かけることがありますが、実は「予防効果」が注目されているので、日常的に食べ続けることが大切です。